Skip to content

廃車にするときの点検ポイント

普通乗用車や軽自動車に乗っていて、車を買い替えようとする場合、その車を下取りしてもらうか、販売店に廃車手続きをしてもらうか、どちらかを選択することになります。多少でも価値が認められて下取り価格がつく場合は良いのですが、値段が提示されずに販売店が廃車する場合、点検ポイントは三つあります。一つ目は、その車に本当に価値がないのかどうか?二つ目は、所有者が本人になっているかどうか?三つ目は、廃車後に税金等を販売店が還付してくれるかどうか?です。自分で廃車にする場合は、登録している陸運局に車を持ち込み、ナンバープレートを返納をすれば済むと思っていませんか?実は、それだけでは終わりません。

まず「一時抹消」という手続きを行い、その際に提出する書類を陸運局のホームページなどで点検しておかないと、何度も陸運局に足を運ぶことになります。また、解体専門の業者に依頼し書類等を整えて、実際に車を解体廃棄処分をしなければなりません。その後「永久抹消」の処理を陸運局に出向いて書類を提出する必要があります。買取専門業者に電話すれば、車を引き取りに来てくれたり、処分費用を払うのではなく、重さによってお金をもらえる場合もあります。

陸運局への書類提出もしてくれて、手間がかかりません。重量税だけでなく、車検までの日数がまだ多くある場合、自賠責保険料も返還してもらえることがありますので、自賠責保険の証書を点検することをお勧めします。実際には保険会社に自賠責保険の証書と認印をもっていき、振込先を記入すれば、約一週間で振り込まれます。詳細は保険会社に問い合わせをしてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です