Skip to content

点検後に廃車と言われても諦めてはいけない

自動車を安心かつ安全に使用し続けるには、定期的な点検が欠かせません。ところが、点検を行った結果廃車にする以外に選択肢が無いという状態にある自動車も珍しくありません。こうした判断は、主にディーラーにてされることが多く、買い替えを検討する必要が出てくる場面です。新たな車に乗り換えをするのであれば、現在使用している車を処分する必要が生じます。

今日において一般的な方法とされているのは、買取をしていただくということでしょう。しかし、査定の結果価値が存在しないと判断された場合は、廃車ということになりますが、廃車とはいえ価値が全く存在しないというわけではありません。ディーラー側から廃車という選択肢を提示されたわけですから、非常にダメージが激しい自動車あることが多い上、修理代の方が買い替え費用よりも高くなってしまいます。走行距離も多い場合は、欲しいと感じる方もいないでしょうし、製造されてからかなりの時間が経過している車も需要は無いでしょう。

ところが、このような需要が無いという事案は日本国内の流通のみに対して言われることです。アジアを中心とする海外では、日本では乗ることができない状態の車や人気が無い車でも需要が高く、数多く走行しています。廃車の特化した業者は、こうした自動車を海外に輸出したり、部品などを点検し場合によっては修理した後に既に活躍している車の修理用の部品として販売します。そのため、諦める前に専門業者に相談することが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です