Skip to content

高年式や走行距離が少ない中古車がいい理由

中古車を選ぶ時に高年式であったり、走行距離が少ない車が良いとされますがこれは単純に使われている期間や距離が短ければ、その分だけ状態も良いだろうという考えであるためです。つまり同じ条件で使用をしていた場合には、古いものよりも距離を走っているものよりも、新しく走行距離も短いほうが良いと考えられることから高年式や走行距離が少ない車が良いとされているのです。そして、中古車を購入する多くの一般人が本当の意味で車の良し悪しを判断する能力というのを持ち合わせているわけではありませんから、そのような人たちが車の状態をある程度簡単に把握するために便利なのが年式や走行距離となっているのです。しかし、気をつけておきたいことは年式や走行距離というのはあくまでも目安であって、絶対的な指標ではないということです。

日本では10年10万キロを超えた車は寿命だと考えられていますが、そのような車が海外に輸出をされれば何十年、何十万キロと直して乗られるものとなっているため、日本車は信頼性の面では整備さえしていればいくらでも乗り続けることができるものとなっています。そのため、中古車探しをする時に大事なことは単純に高年式だから、走行距離が短いからというだけで選ぶのではなくそれに加えて整備もしっかりとされているのかということを確認する必要があります。最終的に車というのはいかに手入れをされていたのかという部分が、重要となるのでその辺りを見落とさないようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です