Skip to content

医療脱毛ではレーザーが主流です

自分での脱毛処理では手間がかかってしまったり、すぐにまた生えてきてしまうことや肌が荒れてしまうなどの理由から医療脱毛やサロンでの処理をする人が増えてきています。サロンや美容皮膚科、美容外科の広告もよく目にします。医療脱毛を行う場合は美容皮膚科や美容外科になるのですが主はレーザーでの脱毛となります。レーザーというものがでてきてからは以前の痛みを伴う脱毛に比べ傷みも少なく精神的負担も軽減され昨今ではレーザーが主流となっています。

そもそもレーザー治療は歯科をはじめ眼科そして皮膚科で使われている医療です。黒いメラニン色素に反応するということを利用することによって毛根の組織破壊が可能であり脱毛ということが実現できます。医療脱毛で使用されているレーザーにも種類があります。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ロングパルスヤグレーザー、YAGレーザー、ライトシェア・デュエット、GーMAXとあります。

脱毛する箇所や肌質などによって使用するものを変えています。それぞれ特徴があるものの全体的に痛みはすくなくてすみます。どちらにしても自分の脱毛を受けたい場所や肌質なども含めカウンセリングの時点で医師ときちんと納得がいくまで説明を受けることが重要です。万が一トラブルがあった場合のアフターケアについても確認しておくことも忘れないようにしましょう。

また、施術を受けるクリニックいついての評判もしらべておくと安心できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *