Skip to content

医療脱毛の特徴と働きについて

医療脱毛では、レーザー脱毛という脱毛方法によって施術されています。クリニックで受けることができるレーザー脱毛は、医療としての脱毛になるので、サロンよりも効果的な脱毛が可能になります。痛みが少なく、安全であるということもメリットの一つです。医療脱毛で使用されるレーザーは、波長によって特定の色や物質などに作用する働きがあります。

ムダ毛の色である黒いメラニン色素にレーザーを照射し、熱が毛根に集中することによって、毛根の組織を破壊することができます。毛根が壊れることによって、再度ムダ毛が生えなくなるようにするという仕組みです。医療脱毛で使われているレーザーの種類には、様々なものがあります。ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーなどをはじめ、日本国内では、6種類の方法が使用されています。

種類別に、施術時間の違いや痛みの違い、アレルギーの有無など様々な違いがあります。脱毛を行う人の中には、アレルギーがあったり肌が弱かったりという人もいると思うので、医師と相談の元、自分に適切な治療法を選択することが大切です。医療レーザー脱毛の歴史は、まだまだ長いとは言えませんが、一昔前に主流とされていた針を使った脱毛と比較してみても、傷みが少なく、効果も高いと言われています。歯科や眼科、皮膚科などの様々な医療現場において、レーザー治療は普及してきているので、今後の大きな技術の進歩や効果の高さにも期待が持てると言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *