Skip to content

医療脱毛にはレーザー脱毛と電気脱毛があります

医療脱毛とは、美容外科、クリニック、病院など医師や看護師のいる施設で行う脱毛のことをいいます。医療脱毛には方法が2つあって、現在主流の医療用レーザー機器を使うレーザー脱毛と、比較的歴史の長い絶縁電気針を使う電気脱毛です。どちらの脱毛方法も原理は同じで、脱毛したい部位の毛の毛根とその周囲の毛の成長に関係する細胞を熱することで働かないようにするというものです。レーザー脱毛は、医療用レーザー機器から発せられるレーザー光を脱毛したい部位に照射します。

そうしますと、毛根の色の濃い部分にあたったレーザー光によって、その部分が発熱します。この方法では、レーザーを照射する範囲に色の濃い部分がありますと発熱しますので、施術前に脱毛部位の毛は剃って、毛根部分だけ残すようにしておきます。また、ほくろやシミ、日焼け等の色の濃い部分がある場合には、そこが発熱してしまう恐れがありますので、レーザーを照射できません。この方法は、一度にある一定の範囲にレーザーを照射できますので、施術時間が短くて済みます。

また、脱毛効果も後述の電気脱毛と同じくらいあります。もうひとつの医療脱毛の電気脱毛は、施術が少し面倒です。なぜかといいますと、脱毛したい部位の毛の一本ごとの毛根部分に電気針を差し入れていくからです。差し入れた電気針は先端から高周波を発生させられるようになっていて、その高周波によって発熱します。

この方法は、施術時間が長くなることや施術時の痛みが強いという特徴があります。しかし、電気脱毛は、ほぼ完璧な脱毛ができる方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *