Skip to content

医療脱毛とはエステとの違い

医療脱毛は病院やクリニックなどの医療機関で行われる脱毛のことです。

医療脱毛はレーザー脱毛や電気針による脱毛が主で、医療用として厚生労働省が認可して器機を使って医師または医師立会いの下で施術が行われるものです。医療脱毛で主に使用される医療レーザー脱毛は、黒い色に反応するレーザーを照射することで毛根を破壊すると言う仕組みのもので、レーザーの出力の設定が細かく調整できるので、その人に最適な設定での施術を行うことが可能です。そのため敏感肌やアトピー性皮膚炎といった肌が弱い人でも安心して脱毛することができます。

電気針を使った脱毛は、毛穴に針を刺してそれに電流を流すことで毛根を破壊する仕組みのもので、レーザーでは反応しない産毛や白髪などにも対応することができます。しかし痛みが強く、1本1本の施術となるため時間がかかるのが特徴です。エステなどでも脱毛処理を行うことができますが、医療脱毛との違いは使用する機器やその出力の差です。

エステで使用する機器は多くの場合が医療用ではなく高い出力を出すことができませんから、脱毛完了までに時間がかかります。また医師による施術というところも大きな違いです。医師が皮膚の状態をきちんと判断した上で、その人にあった方法と微妙な出力調整で施術を行ってくれるので安心感が違います。また万が一トラブルが起きた場合にも医師の適切な治療を、すぐに受けることができるのも医療脱毛の大きなメリットです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *