Skip to content

医療脱毛とサロン脱毛の違い

最近、脱毛サロンの店舗数がドンドン増えてきており、様々なキャンペーンが実施されています。

非常に低価格で施術を受けることが出来ますし、予約が取りやすいことから非常に人気があります。しかしよく誤解されていますが、脱毛サロンではいわゆる永久脱毛というものを受けることは出来ません。永久脱毛というのは、毛根にある毛乳頭細胞というところを破壊しなければなりません。毛乳頭細胞の破壊は医療行為に当たるため、医療脱毛でしか受けることが出来ないのです。

それでは医療脱毛とサロン脱毛の違いを説明します。医療脱毛はサロン脱毛よりもレーザーの出力が強くなりますので、その分一度の施術での脱毛効果は高くなります。同じ脱毛効果を得る為に必要な施術回数も、医療脱毛の方が少なくて済みます。その為、忙しくてなかなかこまめに通うことが出来ない方に向いています。さらに、医療の専門医による施術になりますので、万が一肌トラブルが起きてしまった場合も迅速に対応してくれるのでその点では安心感があります。

費用は脱毛サロンよりも若干高くはなりますが、部位や脱毛回数次第では総合的にサロンより安くなる場合もあります。レーザーの出力が強い分、痛みが強くなってしまうというデメリットがあります。特にデリケートな部位の脱毛になるとより強く痛みを感じてしまうものです。双方にメリットとデメリットというものがありますので、脱毛箇所や脱毛範囲などを考慮して使い分けるようにするのがお勧めです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *