Skip to content

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛に興味を持って、脱毛の施術を行ってくれるところをを調べてみますと、医療機関の行っている医療脱毛とエステサロンが行っているエステ脱毛の2つがでてきます。

この2つはどのような違いがあるのでしょうか。医療脱毛もエステ脱毛の原理は毛根にレーザーや光を照射するとメラミンが反応し発熱します。その熱によって周囲の発毛組織にダメージを与えることで毛が生えてこないようにするのです。なので原理自体は両者とも同じなのですが、一定以上の出力のものは医師の資格がなければ扱うことができません。よって医療脱毛のほうがより大きな出力で施術をしてくれることになります。

では、出力が違うと、具体的にどのような違いが出てくるのでしょうか。一般的に出力が高いほうが脱毛効果が高いといわれています。ですから医療機関で行ったほうが早く脱毛を完了することができるのです。また早く完了するということは施術回数が減るので安くなる可能性もあります。一回あたりの費用は割高でもトータルでみると安いということは十分ありえるのです。

ただし、出力が強いので脱毛の際に感じる痛みがどうしても強くなってしまします。しかし、医療機関では麻酔を使うなど痛みを軽減する方法もエステに比べるとはるかに充実しています。痛みがきつい場合にはこれらを利用することによって、痛みを我慢することなく脱毛をおこなうことができます。医療脱毛とエステ脱毛では単純な脱毛施術能力では医療機関の方に軍配があがることになります。どこで脱毛するかは脱毛能力だけでなく、様々な点を考慮して決定することになりますが、両者の違いをよく理解して選択することで自分にあった場所で脱毛をうけることができると思います。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *