Skip to content

毛抜きでの脱毛は肌を温めてから

毛抜きを使っての自分でする脱毛は、キレイにできるコツとして、肌の柔らかさがあります。

毛抜きでの脱毛は痛みがあるため、肌を柔らかくしてから処理したほうが、毛抜きでの処理の痛みは少なくなります。お風呂に入った後の、肌の柔らかくなっているタイミングはいいでしょう。お風呂の時間ではない時ならば、蒸しタオルを用意して、肌に押し当ててかkら毛抜きを使うと、毛抜きでの脱毛の痛みは少なくなります。それだけではなく、スッとムダ毛は抜け安いです。

肌を温めておくことで、毛穴が自然と開くことになります。毛穴が使っているよりも、広がっている方が、毛は抜けやすくなります。温かい温度が加われば、硬い肌には柔軟さが出てきますので、毛はするりと抜けやすくなってくれます。逆を言えば、肌が乾燥をしていて、乾いたままの状態で毛抜き処理をするのは、肌への痛みも感じやすくなるということです。

毛抜きはすぐに毛を抜いて、ムダ毛をなくしていくことができるので、かなり便利な処理の方法です。でも肌の状態が固くて乾いていると、痛みを感じやすくなるので、軽くできるひと手間で、肌状態に柔軟さを出すようにして、毛抜きの処理を辛いものから、気楽なものにしましょう。毛抜きは1本あれば、ほとんどの場合は、半永久的に使うことので切るアイテムです。毎回お手入れで毛抜きを使ったら、その後は清潔にしておくことも大切です。消毒用のアルコールで軽く拭いたり、管理もしっかりしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *