Skip to content

脱毛前は日焼けに注意

脱毛をする前は日焼けをしないように注意しなければなりません。

脱毛自体が肌に負担をかける行為であり、その上紫外線のダメージが加わると肌トラブルを引き起こす恐れがあります。紫外線対策では、日焼け止めクリームを塗ったり、UVカット機能のあるファンデーションを使用することが有効です。SPF値はそれほど高くなくても構いませんが、汗をかいたらこまめに塗り直すことが大切です。このような商品には持続時間があり、一定の時間を超えると効果が薄れてきます。

正しい効果を得るためには、何度か塗り直さなければなりません。日焼け止めクリームやファンデーションでは一部分しか保護することができませんので、日傘や帽子を上手く使うことも重要です。特に日傘は体の大部分を紫外線から隠すことができますので非常に有効です。曇っている日でも紫外線による影響はありますので、気を抜かないことが大切です。紫外線対策を徹底しておけば、肌中のメラニン生成が活発になることはありません。

脱毛をすると肌に刺激を与えますので、その刺激によってメラニンの量が一時的に増えます。紫外線によって増えた分と合わせるとかなりの量が肌中に増えたことになりますが、増え過ぎると排出が追いつかなくなりますので、長く留まってシミや色素沈着なります。そうならないために、紫外線対策を徹底して、メラニンの生成を増やさないようにすることが重要であり、保湿ケアを行って代謝を高めることも忘れてはいけません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *