Skip to content

レーザー脱毛における副作用について

レーザー脱毛は美容クリニックや美容皮膚科などの医療機関で、医療従事者による施術で行われる医療脱毛です。

医療に携わっている人が施術を行うということと、万が一何かトラブルが起こった時にすぐに対処してもらえるという安心があります。また、医療脱毛の効果は半永久的であるということから、エステサロンよりも美容クリニックなどで施術を受ける人も増えてきています。レーザー光線は威力も高く、その分痛みも強いですが効果が高いのがメリットです。

ただ、レーザー脱毛における副作用がないのか気になる人もいるのではないでしょうか。光を照射するので、放射線のような健康被害があるのではと不安に思われる人もいるでしょう。しかし、レーザー脱毛において放射線などの人体を害するような影響はまず考えなくてよいとされています。ごくまれに、火傷をする可能性がありますがほくろやしみなどの濃い部分色素沈着を起こしているところ、日焼けした肌でない限りきちんと施術を行っていれば問題はなく、もしトラブルが起きた時にもすぐに対処してもらうことができるのでその点は安全性が高いといえます。

ただ、生理中などのホルモンバランスによって肌状態が変わるときは、普段は炎症を起こさない部位であっても炎症を起こす恐れがありますので、注意が必要といえます。そして、美容クリニックの施術だから、安全だから問題ないとあぐらをかかずに、術後のアフターケアはきちんと行っていくのが望ましいでしょう。
銀座・吉祥寺で全身脱毛のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *