永久脱毛をしたいなら医療レーザー脱毛で

医療レーザー脱毛とは、レーザー光によって毛根細胞を破壊させることにより永続的な脱毛効果を得ることができる脱毛方法のことです。

エステサロンなどで行われている光脱毛よりも、使用するレーザー光の威力が強力なため美容クリニックなど医療機関でしか行うことができません。医療レーザー脱毛で使用するレーザー光は、黒色に反応します。メラニン色素に反応すると熱を発し、毛根の中にある毛を発生させる元になる組織を破壊します。メラニン以外には反応しないので、肌の表面などにダメージを与えることはありません。

一度破壊された組織から毛が生えることはありません。そのため永久的な脱毛効果が続きます。医療レーザー脱毛は、一度の施術で脱毛効果が得られるわけではありません。毛の成長サイクルである毛周期に合わせて施術を行う必要があるからです。毛周期は「成長期」「退行期」「休止期」の3つのサイクルを繰り返しています。

そのうち黒色のメラニン色素があるのは成長期の毛だけです。成長期以外の毛にレーザー光を当てても脱毛効果を得られることはありません。そのため一度施術を行うと、次の成長期まで待つ必要があります。これを繰り返し行うことで、脱毛効果が得られます。医療レーザー脱毛は脱毛効果が高いぶん、痛みが強いと言われています。特にデリケートゾーンの施術は、かなりの痛みが伴います。ただ医療機関なので、麻酔を使用することができます。痛みに弱い人でも麻酔を使用すれば安心して施術を受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *